イベント

関門海峡花火大会の穴場・人気スポットまとめ!門司&下関

下関で一番大きな花火大会といえば関門海峡花火大会!

8月13日に開催され毎年100万人以上が足を運ぶ大人気の花火大会です。

両岸から同時に打ち上がる花火は圧巻!ここの花火は本当に最高です。

さて、花火大会を見に行くと悩むのが見る場所。「どこで花火を見ようかな」と迷っている人もいらっしゃるかと思います。

ですが、この花火大会は関門海峡が見える場所であればどこからでもよく見えます。

広範囲にビュースポットが存在するので「花火が見えない」なんてことにもなりづらいですからその点は安心して下さい。

でも当然どこも人でいっぱい…。せっかくなら絶好のポジションで花火を楽しみたいですよね。

そこでこの記事は穴場&人気なスポットを中心にお伝えしていきます。

どこで花火を見ようか迷われている方はぜひご参考にして下さい。



スポンサーリンク

関門海峡花火大会の穴場&人気のスポット

花火は2カ所から打ち上げられ、門司港側・下関側から花火を鑑賞することができます。

◇門司側

  • 海響館
  • ノーフォーク広場

海響館は室内から花火鑑賞ができて、エアコンも効いています。

◇下関側

  • めかりPA
  • 九州鉄道記念館(西駐車場)
  • 片上海岸
  • 火の山公園

綺麗な花火を撮影したいなら「火の山公園」「巌流島」「ノーフォーク広場」「めかりPA」なども人気のスポット。

ただ、どこのベストボジションにも早い時間からの場所取りは必須です。

場所取りで悩むなら有料席から鑑賞することも候補の中に入れてもいいかもしれませんね。

関門海峡花火大会公式HP – 有料席について

それでは門司港側と下関側でそれぞれ特徴をあげながらとりあげていきます。



スポンサーリンク

門司港側

博多駅方面から来る人が見るならこちら側です。

門司港側のビュースポット

  • ノーフォーク広場
  • めかり公園
  • 片上海岸
  • 風師山(かざしやま)
  • 九州鉄道記念館(西駐車場)

九州鉄道記念館(西駐車場)は門司港駅から徒歩5分とアクセス良好のスポット。

打ち上げ場所から近いこともあって迫力ある花火を堪能できます。(車を止めたまま花火が見ることも可能です。)

ノーフォーク広場

メイン会場から少し離れたところにあるのがノーフォーク広場。

こちらも穴場のスポットで目の前には関門海峡が広がり眺めも良好。綺麗な夜景や花火を撮影したい人にもおすすめです。

《特徴》

  • 花火は比較的小さめ・音も小さめ
  • 両岸から打ち上がる花火が綺麗に見える

めかり公園

関門橋や門司や下関市の夜景を一望できる人気の夜景スポット。

特徴

  • 展望スペースにはベンチもあり
  • カップルにも人気の夜景鑑賞スポット
  • 駐車場周囲からもよく見える

片上海岸

釣りのスポットとして知られる片上海岸。

ここから眺める下関の夜景も綺麗で両岸の花火がみれます。

門司港駅付近の混雑を避けるにはおすすめ。

打ち上げ場所から離れていますが、人気のスポットなので「穴場はないか?」と足を運ぼうと考えている人も多いですね。

続いて下関側についてみていきましょう。

下関側

下関側のビュースポット

  • 火の山公園
  • めかりPA(パーキングエリア)
  • 巌流島(がんりゅうじま)
  • 戦場ヶ原公園
  • 海響館
  • 下関大丸の屋上ビアガーデン

下関側は海響館など見てまわれるところも色々ありますから花火前にも十分楽しめます。

門司側に比べると見物客は下関側の方がやや少なめといった声もありました。

火の山公園

瀬戸内海・日本海が一望できる絶景スポットです。

ここからの景色を見たい方はこちらの動画をどうぞ。

ビュースポットは2つあります。

  • 室内展望室
  • 展望台

こちらは写真撮影をする方にも人気のスポットです。

ただし、競争率は高くお昼過ぎ(花火大会が始まる7時間以上前)であっても既にベストポジションを確保していた方もいるんだとか。

巌流島も同じく気合いの入った人達が早くから場所取りをしているそうです。

めかりPA(パーキングエリア)

見物客が多く集まるのがめかりパーキングエリア。TV局のカメラも設置されるほど人気の絶景スポットです。

移動手段が車になるので早めに到着するのは絶対条件。午後からには満車になり入場規制される可能性もあります。

ここへ向かうなら前日から気合いを入れて準備が必要そうです。

壇ノ浦PAとめかりPAどっちがいい?

⇒めかりPAの方が見応えがあります。

海響館

kaikyo42

下関側といえば海響館。当日は花火大会までが始まるまでに遊びに来る人などで多く賑わってます。

夜の部に入館すれば室内から花火鑑賞ができるそうですよ。

海響館の展望台

海響館の展望台

特徴はエアコンが効いたところから見れること。

有料にはなりますが、暑いこの時期には涼みながら花火が見られるのは嬉しいですね。

◇営業時間:9時30分〜17時30分

◇夜間営業時間:18時00分〜21時00分

◇アクセス

  • JR下関駅から徒歩26分
  • JR下関駅からバスで7分
  • JR新下関からバスで30分

TEL:083-228-1100

おわりに

以上、関門海峡花火大会について紹介していきました。

私も生で見にいったことはありますが、めちゃくちゃ綺麗でしたよ!

当日の車での移動ですが、花火大会が終わって何時間も脱出できない!なんてことを体験している方もいますので、JRなど交通手段を利用して移動することをおすすめします。

基本的にはどの場所からでも花火を楽しめますが、よりいい場所で花火を見たい方はぜひここで紹介したスポットも参考にしてみてください。

また、当日は有料席も用意されてあるので座ってゆっくり花火を楽しみたい方は桟敷席などもぜひチェックを!

関門海峡花火大会の詳細

日程:8月13日

開催時間:19時50分〜20時40分

場所:関門海峡

荒天時 雨天決行(荒天中止)

アクセス:JR門司港駅から徒歩5分

打ち上げ数:約15000発

人出:約110万人

有料席:あり

あわせて読みたい関連記事

今年の関門海峡花火大会の詳細についてまとめています。

関門海峡花火大会の日程と詳細のアイキャッチ画像
関門海峡花火大会2023年の日程や詳細を知って楽しみつくそう!西日本の最大級規模の花火といえば関門海峡花火大会ですね!!花火大会当日はどこも人、人、人!今年の夏も大混雑が予想されます。記事ではそんな関門海峡の花火大会について紹介しています。今年行かれる方は一足早く日程などもチェックしてみてください。...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう