イベント

関門海峡花火大会2023年の日程や詳細を知って楽しみつくそう!

今年もやってきました!西日本でも最大級の規模を誇る「関門海峡花火大会」!

福岡の花火大会といえば大濠や筑後川の花火大会も有名ですが、関門海峡花火大会も毎年人気です。

今年も楽しみにしているという方も多いのではないでしょうか。

この記事では関門海峡花火大会の最新情報についてお伝えしていきます。

今年見に行かれる方は一足早く今年の日程などもチェックしてみてくださいね。



スポンサーリンク

関門海峡花火大会の日程と詳細

関門海峡花火大会は毎年8月13日に行われます。

現在のところ花火大会は今年開催されるかどうかは未定です。

過去2年間は開催中止となりましたが2022年は開催されています。

状況次第ではありますが、全国的に開催される花火大会も増えているので、今年も開催される方向になるのではないかなと個人的に予想しています。

日程:8月13日

時間:19時50分〜20時40分 (開会式:門司会場で19:40~)

駐車場⇒なし

お問い合わせ先

⇒TEL 093-331-8781

関門海峡花火大会実行委員会門司 事務局

会場までの行き方と周辺MAP

行き方については公式HPでも案内されているこちらのPDFをチェックしてください。

関門海峡花火大会 会場図

①②③と書かれているのが帰りの門司港駅の道になります。

事務局の一言

花火大会事務局

ここ数年帰りのルートは同じなので誘導も比較的スムーズにはなっていますがやはり混雑します。お越しの際はお早目に!



スポンサーリンク

行き帰りは今年も大混雑

普段は人も流れも穏やかな駅ですが

1599

花火大会当日は駅周辺も大混雑します。

何時くらいまでに会場に向かうといい?

何時頃がベストなのか直接問い合わせてみました。

花火大会事務局

最低でも19時頃には絶対に会場に到着しておいたほうがいいですよ!!

やっぱりその頃にはかなり混むんですね。

花火大会事務局

そうですね。花火大会の開始時間19時50分なので19時頃にやっと駅についた!という状態だと最悪会場までたどりつけない!!なんて場合もあるんですよ。

そんなにですか!?

花火大会事務局

はい。。過去にも有料席のペアチケットを購入したお客様でも会場までたどりつけずに観覧エリアへ入ることすらできなかった…!なんて人もいましたから。ギリギリになるとこういったことも起こり得るのでなるべくお早目にお越し下さい。

チケットを購入したのに席がない!という心配はないとのことですが、有料席でも座席指定がないチケットの場合はあまりのんびり会場に向かうのは当日困ることなりそうですね。

無料で観覧する人は到着時間については気にした方がいいかもしれません。

駐車場について

花火大会向けに駐車場は特に用意されていません。

夕方5時から24時にかけては交通規制もあります。

関門海峡花火大会交通規制のお知らせ

車で付近まで向かったとしても大渋滞は避けられません。

7ee65d969282cfa7b6037d306b655c6c_s

私は電車などを利用していったことしかないですが、調べてみるといつもなら5分でいける距離でも3時間はかかってしまう程まで混雑するようです。

さすがにそこまで渋滞すると帰りが大変ですから、当日はJRなどの交通機関を利用した方が良さそうですね。

以上が関門海峡花火大会の日程と詳細です。

ここまでの情報を事前に知っておけば当日の予定も立てやすくはなるかと思います。

有料席について

今年の情報はまだ発表されていません。

以下、これまでの情報を参考までにご紹介します。

  • 特別協賛席(桟敷席)
  • 協賛イス席、招待イス席(自由席)
  • 環境整備協賛席(当日席エリア/1,000円)

その他、団体バスツワー席、企業・団体協賛席などが用意されています。

詳しくはこちらの会場マップをご覧ください。

会場詳細MAPはこちら

人気が高いのは桟敷席

大人5名で12,000円/1人あたり2,400円。

ゆったりと鑑賞することはもちろん、花火師が花火を打ち上げる様子も楽しむことができます。

特別協賛席(桟敷席)の購入はこちら

協賛イス席

料金:3000円(7/21 ~以降は+500円)

二人や複数人の場合は協賛イス席なども人気ですが、こちらはエリア指定のみの自由席です。席がなくなる心配はありませんが、場所の確保は早いもの順のようなので、その点はご注意を。

協賛イス席の購入はこちら

協賛席はいつ頃まで購入できる?

問い合わせてみたところ、6月中旬の時点で有料席はまだいくつか空きはありました。

ただ7月になると一気にまとめてチケットを購入する人なども増えだし、売り切れになりやすいようです。

ちなみに遊覧船は6月中旬の時点で完売してました。

その他にも予約制にはなりますが、食事をしながら花火大会を鑑賞できるプランを受け付けているお店もあります。

1622

こういったプランだと高額になりやすいですが、一度はこんな贅沢なコースも体験してみたいですね。

おわりに

関門海峡花火大会の有料席は毎年人気です。

ギリギリだと売り切れている可能性もあります。今年見に行かれる方は是非早めからチェックしておくことをおすすめします。

また、当日は会場から駅につくまでいつもなら5分程の距離でも何時間もかかる程、混雑しています。花火大会終了後にはライブなどもあるので、ライブを楽しみながら帰りの時間をズラすのもいいかもしれません。

以上、関門海峡花火大会について紹介していきました。

繰り返しにはなりますが、毎年関門海峡の花火大会は大混雑します。

見に行かれる方は早めに会場へ到着しておくことをおすすめします。

あわせて読みたい関連記事

関門海峡花火大会の穴場スポットについて紹介しています。

関門海峡花火大会の穴場スポットのアイキャッチ画像
関門海峡花火大会の穴場・人気スポットまとめ!門司&下関下関で一番大きな花火大会といえば関門海峡花火大会!。 8月13日に開催され毎年100万人以上が足を運ぶ大人気の花火大会です。 両岸か...

筑後川花火大会の観覧おすすめスポットを紹介しています。

筑後川花火大会の穴場スポットのアイキャッチ画像
筑後川花火大会が見れる隠れスポット、穴場スポットをこっそり紹介福岡の夏の花火といえば筑後川花火大会。打ち上げ数は1万8000発と西日本最大級の規模を誇る花火大会です。周辺には6つの会場が用意されていますが、花火は見たいけど、あの人混みの多さにまぎれたくない…という方もいるはず。そこでこの記事では会場以外で花火が見える穴場スポットをご紹介していきます。ぜひご参考にしてください。...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう