365ドットコム(サンロクゴドットコム)

奥歯の虫歯を放置するとこうなる!デメリットまとめ


虫歯になった歯を放置している…なんて人いませんか?

そんな人は要注意!虫歯をそのままにしておくと最悪命に関わる問題も出てくるんです。

歯医者に行くのは面倒…。でもたかが虫歯でしょ?なんていってられませんよ。

放置しているとあとで大変なことになります。

私自身も過去に虫歯を放置してしまい痛い目をみることになりました。

スポンサーリンク

虫歯を甘くみてると後悔します。少しでも危機感を持ってもらえたらと思い、記事では、虫歯を放置することでどういう事になったのかを綴ってみたいと思います。

歯が欠けやすくなる

mushiba2

まず、歯がどんどん欠けやすくなります。

虫歯が進行するとどんどん歯を溶かしていくので見た目は問題なさそうでも中身はスカスカ。

ちょっとしたことで欠けたりしやすくなります。

私の場合はうがいをしていただけでもポロっと欠けてしまいました。

次第に冷たいものや温かいものを口にするだけでもしみたりすることも。

こうなるともうかなり虫歯が進行していると思っていいです。

痛みを感じなくなる

放置しておくと痛みを以前より感じなくなることがあります。

これは治ったというわけでなく虫歯が神経まで到達したということ。つまりは神経が死んでしまっている状態です。

こうなってしまうと最終的に歯の神経を抜くことになります。

歯の神経を抜くことになる

mushiba3

急いで歯医者に駆け込み説明されるのが「神経を抜く」こと。

流れとしては

→歯の周りだけを残して神経をとりのぞく
→何度も消毒。
→神経に詰め物をする
→上からかぶせ物(クラウン)をする

といった流れになります。

スポンサーリンク

当然こうなると治療が長引く

放置しておけば当然治療は長引きます。特に奥歯は治療も一番やりづらい部分なのでなおさら。

進行具体にもよりますが、神経まで到達していた場合は1本を治療するだけで少なくとも9~10回はかかると思っていいです。

【関連記事】歯の神経を取ることになったら治療期間や回数はどの位?私の体験談

ちなみに、歯の神経を抜くと

  • 歯が黒くなりやすい
  • 歯がもろくなりやすい。

→その後も治療をする必要が出てきやすい

といったデメリットも出てきます。

膿が溜まることも

歯医者の先生「神経まで到達した状態でそのままにしておくと骨の中で膿が溜まったりします」

歯医者に行った時、先生からこんな説明を受けることも。

さらには歯茎が腫れたり、歯茎を切るといったことをしなければいけなくなることもあるそうで・・・。

また、細菌は歯だけでなくそこから脳にまで侵入する危険も…最悪死に至るケースもあるんだとか。

こうなると歯だけの問題ではなくなってきますから大変です。稀な事らしいですが、想像するだけでぞっとしますね。

抜歯すると高額に

nayamu-women

歯医者に行くと極力は歯を残すための選択をとってくれるでしょがやむを得ない場合は抜歯になります。

抜歯自体は保険適用内のものですが、その後保険適用外のものも出てきます。

なので、治療費も高額になりがちに。

数万程度に収まらない額になるので歯を1つ治療するだけでもかなりの出費になってしまいます。

まとめ

虫歯を放置するとどうなる?

  1. 歯が欠けやすくなる
  2. 痛みを感じなくなる(神経が死んでしまう)
  3. 歯の神経を抜くことになる
  4. 治療が長引く
  5. 骨の中に膿が溜まる
  6. 抜歯をすると高額になる

ここまで読んでみてわかる通り、虫歯が進行すると神経を抜いたりとその後の治療が大変です。

忙しいからといって歯医者に行くのを先延ばしにすると、治療も長引きます。放置している方は早めに歯医者に向かうことを強くおすすめします。

スポンサーリンク

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top