365ドットコム(サンロクゴドットコム)

怒ると叱るの違いは?知っておきたい豆知識


皆さんは怒ると叱るの違いについて知っていますか?辞書で調べてみると、怒ると叱るの意味はそれほど変わらない意味のようにも見えます。

ですが、この2つの言葉には大きな違いがあるのです。私もふと違いについて気になって調べてみたのですが、言われてみればなるほどなと勉強になりました。

上の立場として指導している方や子育てに悩むママさんも怒ったり叱ったりする機会は多いもの。

自分は叱ったつもりなので相手には「怒った」と思われたり…上手く相手に伝わらなくて頭を悩ますこともあるでしょう。

人を叱る、人に叱られるというのは人間を成長させるために大事なことですが、具体的に叱ると怒るにはどういった違いがあるんでしょうか。

記事ではそんな疑問について詳しく調べてみました。

スポンサーリンク



怒ると叱るの違い


わかりやすく違いを表にまとめてみました。

怒る 叱る 違い

この2つの言葉の大きな違いは

“怒る”には自分の感情が働いていて“叱る”には相手の事を思う理性が働いているのです。

一方的に相手に自分の不満をぶつける=怒る

相手が今後より良くなってほしい・アドバイスの意味も込めて指摘する=叱る

この違いです。

怒るの例

「前にダメだと言ったのに、なんで◯◯したの?!」
「何回言ったらわかるの!?」
「さっき教えただろう!」
「なんでできないんだ!」


叱るの例

「◯◯したら、怪我をする危険もある!危ないからやってはダメ!」


もしも、あなたが「その人の為に」と思って問題点を指摘し、注意する場合でも感情的になりすぎると相手は「怒られた」と感じてしまうので返って逆効果となる可能性もあります。

人間なので時には感情が全面に出る事もありますが叱る場合は一旦深呼吸してみましょう。

スポンサーリンク



叱れない人が増えている


nayamu200

あなたが「叱る」ことが上手ですか?

最近は叱れない人が増えているそうです。というのも最近は褒めて伸ばすのが主流になっているからなんだとか。

昔は教師が生徒の為を思って頭を叩く、なんてことも日常的なことでしたが今では体罰にもなりかねますし、親のクレームにもつながりますからね。

叱らなければいけない場合でもガツンといいづらくなっている時代になっているのかもしれません。

叱る時のポイントなどもありますので叱るのが苦手な人は是非実践する時に意識してみましょう。

ポイント①相手に考えさせる


「私はこう思うんだけど、あなたはどう思う?」と相手に答えを考えさせる話し方をすれば叱られる相手も原因について考えます。

叱る時に大事なのは相手に気づかせてあげることです。

ポイント② 相手の言い分をまず聞く


叱る時は最初はまず相手の言い分を聞くようにしましょう。

でなければ一方的に自分の感情を相手に吐き出すことにもなりかねませんので、知らず知らずのうちに「怒る」に変わっているかもしれません。

まず相手のことを言い分を聞くことでアドバイスもできますし、その言い分に対しても間違いがあれば叱ることもできます。

感情的になって怒ってしまいそうな時ほど、まずは相手の言い分を聞いてみましょう。

ポイント③みんなの前で叱らない


みんなの前で叱るということは、相手に恥をかかせるということです。大人数がいる中で叱る必要はありません。子供でも大人でも大人数がいるなかで自分だけ指摘されれば誰だって恥ずかしいと感じてしまうもの。

できるだけ一対一で相手を叱りましょう。



相手の事を思って叱ってもなかなか相手に伝わらないと悩む人も多いですが、そのたら知らず知らずのうちにただ単に怒ってるのかもしれません。

以上、怒ると叱るの違いについて紹介していきました。

具体的には“怒る”には自分の感情が働いていて、“叱る”には相手の事を思う理性が働いているといった違いがあります。

一方的に感情を相手にぶつけるとトラブルの原因にもなりますし、なるべくそうはならないように日頃から言葉遣いは心がけたいですね。

スポンサーリンク



【あわせて読みたい】
ライブとコンサートの違いは?簡単に分かりやすく

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top