サンロクゴ・ドットコム

サンロクゴ・ドットコム

カラオケが下手な人でも歌いやすい曲&歌い方のコツ



歌が上手く聞こえるコツ



  • 上手く歌おうと意識しすぎない
  • 歌詞を一度朗読する
  • 語尾を短く切る
  • 歌に強弱をつける
  • 声のボリュームを下げる


上手く歌おうと意識しすぎない


上手く歌おうと意識しすぎないこと!

言い換えると『音程をとろうとしすぎないこと』です。
karaoke5-300x200
上手く歌おうとして音程を意識しすぎて声がでなかったり声質を真似ようとしてモノマネのようになってしまった・・・こんな経験ってありませんか?

それよりも自然体で歌うようにすれば聞いている側も違和感がないです。声真似すると似てるかどうかで比較されちゃいますしね(^_^;

意識しすぎないようにするっていっても・・・イマイチできるか微妙。そんな人は、カラオケで歌う前に一度歌詞を朗読してみませんか?

歌詞を朗読してみよう


カラオケに行く当日だとちょっと厳しいですから、カラオケに行く日までに自分の歌おうとしている曲を一度朗読してみます。

karaoke3-300x225

音程をとらずに歌詞を語るように普段の自分の声で言ってみる。で、そこからだんだんと音程をとってみる。喋る延長線上に歌があるというイメージで歌うと力まずに歌う事ができます。

youtubeでもこんな動画を見つけました。



音痴といわれるのは「歌詞を覚えていないこと」も原因の1つなんですって。なので歌詞を覚えてしっかりリズムをとることが大切です。

語尾を短く切る


しっとりとしたバラードを歌ったりするとより歌唱力が目立ちます。歌が下手な人だとなおさらハードルも高めです。でも、ビブラートなんて無理無理!

そんな人は語尾を短くすることを意識してみましょう!言葉を短く切る事で聞き取りやすくなります。

Sponsored Links



歌に強弱をつける


歌に強弱をつけるということは感情を込めるということ。

karaoke2-300x200

プロの歌手はより感情を込めるために強弱をつけます。セリフでもなんでも棒読みだとみていてこっちには何も伝わってきませんよね。

歌も一緒で、ただ歌詞に合わせて歌っても何にも相手には響きません。素人がすぐにできることではないでしょうが、意識するだけでもだいぶ違ってくるはずです。

声のボリュームを下げる


上手く聞こえるコツは自然体で歌う事。声のボリュームを上げて歌うと途中からセーブできなかったりします。そんなときはちょっとだけ自分の中でボリュームを下げてみましょう。無理なく自分の声を出せて歌いやすくなります。

おわりに


カラオケが下手な人ほど選曲は大事です!悩んだ時は誰もが知っている曲盛り上がる曲を選ぶといいですよ。周りに助けてもらえることもありますからね^^

一緒に歌える人がいれば交互に歌ったりなんてこともできます。

以上、歌いやすい曲とコツについて紹介していきました。急にカラオケに行く事になった!なんて時はぜひ参考にしてみてくださいね^^


Sponsored Links

コメント0件

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top