サンロクゴ・ドットコム

サンロクゴ・ドットコム

勉強のやる気が出ない時に試したい9つのこと



「勉強」は自分のスキルアップをしたい時に絶対に必須なことです。

学んで身に付いたことが自分のプラスになることはわかってはいるけれど

  • 勉強のやる気が出ない・・・
  • ついついスマホをいじってしまう・・・
  • 集中力が続かない

そんな時ってありますよね。人間ですから。笑

勉強が好きじゃない・苦手な人はなおさら悩むことでしょう(/_;)

でも、勉強のやる気が出ない時って何かいい方法はないんでしょうか。

そこで、今回は焦ってはいるけどなかなか行動できない人の為に「やる気を出す方法」をご紹介します。

Sponsored Links



①目的・目標を明確に設定する


pen-300x225

やる気というのは目的を達成するために沸き起こるものです。

なので、やる気を出すので一番大切なことは

「自分が何の為に勉強しているのか」というのはっきりさせること。

そうすると、ゴールに到達するには自分は何をすればいいのか?が見えてくるので逆算して考えれますよね。

逆算していけば

「この期間までにはここまでやっておかないといけないな」
「スキルアップしておかないといけないな」
「テストで◯◯点はとっておかないといけないな」


とより短い期間での具体的な目標も自然と決まってきます。

なので、やる気がでない人は目的を明確にさせるところからスタートしてみましょう。

②SNS・ネットを遮断する


sns-300x200

勉強を遮る最大の敵といっても過言ではないほど誘惑だらけなのがスマホSNSなどができるネット環境ですよね。

「ちょっと休憩ー」とSNSやネットを開くとついだらだらとその状況が続いてしまうものです。

つい何度も見てしまう人は勉強する時はネット環境は完全に遮断してみましょう。

③朝にする


理由:朝の方が脳の働きが良く捗りやすいから

どんな作業をするにしても、朝行った方がいい。というのはどこにでも言われていますね。朝いつもよりちょっと早く起きて、時間を確保した方が効率的です。

夜にしようとすれば

  • 夜は一日の疲れがたまっている
  • ついつい面白いTVを見つけてしまうとだらだらみてしまう

夜にやろうと思えばできますが、長時間だと寝る時間も遅くなりますし体の事を考えるとおすすめはできません。

Sponsored Links



④時間を決める


clock-300x200

今の勉強方法に時間設定はきちんとできていますか?

集中して取り組むには時間設定は絶対必要!だらだら長時間したり、◯◯しながら勉強しても効率ってやっぱり悪いものです。

「小学校から高校までの間は集中できていたのになー」と過去を振り返ってしまう人はその頃にあった「時間割」のことを思い出してみましょう。

あらかじめ決まっているからこそ、勉強モードに切り替わりやすかったですよね。

なかなか集中できない時こそ「時間設定」を決めてこなしてみましょう。

具体的な時間設定


勉強は◯時間しようと設定するのでなく、なるべく短い時間で設定します。

例えば、30分間だけ集中して取り組む⇒休憩を挟む⇒30分間勉強する。以下、繰り返し。

この方がぶっ続けで取り組むよりも、取り組む間の集中力は高く効率的です。

勉強法以外でもいえますが何十時間もぶっ続けで取り組むことをおすすめする人ってあまりいないです。この間、集中力が100の状態をキープできているかといえば違うでしょうから。(^_^;

⑤勉強する場所を決める


book-300x199

勉強モードに切り替えるには場所を決めることも大切。

自宅で勉強していると、「疲れた。ちょっと休憩ー」と思ってベッドにゴロン。
そのままスマホを片手にだらだら。なんて経験ありませんか?

特に自宅で勉強する人の周りにはTV・雑誌・ネット・スマホと誘惑だらけです。サボろうと思えばいくらでもサボれます。

なので、集中する時は勉強しかできない環境に身を置きましょう。

⑥やる気が出る音楽を聴く


この音楽を聞いたら元気が出る!勇気づけられる!と思えるものは誰しも1つは持っているものです。

気分が乗らない時こそ、勉強を始める前に音楽を聞いてみましょう。

でも、聞きながら勉強するのは要注意。

日本語だと歌詞が自然と耳に入ってしまうのでなかなか集中ができず効率も落ちます。

なので

勉強する前に音楽を聴く。

勉強中は音楽は消す。

というのを意識してみましょう。

⑦やる気の出る名言をみる


偉人の名言ってたくさんありますよね。

自分にビビッとくる名言に巡り会うことができればやる気に繋がることもあります。

やる気が出ない人は合間の時間で偉人の名言をみるのもおすすめです。

参考までにはちょっとだけ名言を紹介しておきますね^^

名言

名言

⑧ご褒美をつくる


ご褒美があった方が頑張れる!って人は多いはず。何か1つ自分の中でご褒美を決めておけば、その分やる気も倍増してメリハリもつきますよ!

モチベーション維持の為にも何か決めておきましょう^^

⑨座って勉強しない


勉強のやる気がでない人は「机に座りつくまでの時間」も長いんじゃないでしょうか。「机に座りたくない」とも思っているかもしれません。

そんな時はいっそのこと机から離れてみましょう。

勉強って何も机に座わなければいけないなんて決まりもないです。

勉強する時は五感を使った方がいい。なんて塾の講師だったり本に書いてあったりしますよね。口に出したり立ってみたりすることで脳も活発になるのでおすすめです。


やる気がガッと上がった時は

自宅で勉強している時に五感をフル活用してやる気がガッと上がった時には「ホワイトボート」「ペン」を持ちましょう。

そして、仮想の教える人を想像して、あたかも自分が講師のようにその人の為に講義をしてみます。(実際に、友人に教えるのもOK)

これですらすらと説明ができていたら自分の中で理解しているという証拠です。

もし、口で説明しようとしても上手くできなかったらそこは自分がまだ理解できていないところ。なので問題点も把握できます。

ただ、一人でやる時はものすごい独り言になってしまうので周りには注意しましょう。笑

最初は恥ずかしさもあったりしますが、実際、効果があるのでおすすめですよ^^


まとめ



勉強のやる気が出ない時


①目的・目標を明確に設定する
②SNS・ネットを遮断する
③朝にする
④時間を決める
⑤勉強する場所を決める
⑥やる気が出る音楽を聴く
⑦やる気の出る名言をみる
⑧ご褒美をつくる
⑨座って勉強しない




以上が勉強のやる気が出ない時に試してみることです。

どうしてもやる気が出ないって方は勉強する環境を整えましょう。勉強しかできない環境に身を置けば自然とやる気も沸き起こってきます。

そういった意味ではカフェにいくのも1つの方法といえます。ですが、図書館などより静かに集中できる場所がベストでしょうね〜。

やる気が出ない…なんて日は誰しもあることですが、目的を達成するため!と言い聞かせて頑張ってみましょう!


Sponsored Links



【あわせて読みたい】
ノートの取り方!大学の講義を上手にまとめるコツとテクニック

朝、目覚ましの音に気づかない時試したい5つの方法

光目覚まし時計はinti(インティ)がおすすめ!その魅力を大解剖!

コメント0件

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top