サンロクゴ・ドットコム

サンロクゴ・ドットコム

コウモリを駆除するにはどんな方法がある?疑問を徹底調査!


私達の生活とはあまり縁がなさそうにみえるコウモリですが、実は意外と身近な存在だということを皆さんはご存知ですか?

コウモリといえば洞窟の中に潜んでいる生き物だと思いがちですが、家に棲みつくこともあるそうなんですよね。

私自身、これまでコウモリと遭遇したことがなかったのであまりピンときていませんでしたが、調べてみると

「コウモリが屋根裏やシャッターに棲みついてしまった」

「夜中に天井でガサガサ音がして寝られない」

といった声も多く、コウモリが家に来て困っている人は意外と多いんだと最近になって知りました。

どうやら1~1.5cm程度の隙間があれば家に侵入できるそうで、家に棲みつくと、コウモリの糞による感染症などの可能性もあるそうです。うーん、そのまま放置しておくのも心配ですよね。

Sponsored Link



駆除するとなると、業者に頼むのが一番安心な方法なんでしょうが「お金もかかるし、まずは自分でできる対策をしたい」

そう考える人も多いはず。もしそうなったら、私もまずは自分でできる方法を試してみると思います。

そこで、万が一に備えてコウモリが家に棲みついてしまったらどんな駆除方法があるのか一度調べてみることに。記事では私なりに調べてみてわかったことをまとめてみました。

コウモリが棲みついてお困りの方は是非参考にして頂けたらと思います。

コウモリの生態について


本題に入る前に、まずはコウモリについて簡単に説明を。

Check家に棲みつくのはアブラコウモリ

世界には約1000種類ものコウモリが存在し、日本に生息しているコウモリは35種類と言われています。そして、私達の家に棲みつくのはアブラコウモリと言われるコウモリです。

アブラコウモリの特徴

通称:家コウモリ
体長:4~6cm
体重:5~11g
繁殖期:9月~10月
寿命:3~5年

建物や家の中に住処をつくる
日本では一番身近な存在
目はほとんどみえない


唯一、人間の住む建物や家に住処をつくるコウモリで、屋根裏や瓦礫の裏、シャッター、雨戸などに住み着くことがあるのだそう。家に住み着くことから、家コウモリとも言われています。

人間に危害を加える事はないそうですが、棲みつくと、コウモリの糞や騒音などで悩まされることに・・・。

コウモリの糞による影響は

  • 建物を汚染
  • 細菌・ウイルスによる病気の危険性
  • 感染症の恐れ
など。

乾燥した糞が空気中で飛散してそれを吸い込み体内へ・・・という可能性もあるみたい。

そんな心配をしながら家の中で過ごすのは嫌ですし、被害を最小限に抑える為にも、コウモリを見つけたら早めから対処した方が良さそうですね。

Sponsored Link



Question対処法は?

対処法は“家の外へ追い出す”の一択です。

というのも、コウモリは鳥獣保護法で守られている生き物で、殺傷、捕獲、飼育などをしてはいけないと法律で定められています。

その為、コウモリはむやみに殺したり、捕獲したりといった方法はできないそうなんです。見つけた場合、慎重に対処しないといけません。

鳥獣保護法についてはこちらの記事で詳しく紹介しています。

また、コウモリにはノミやダニが寄生しているので素手で触るのも危険です。

では、自分で対処するにはどんな方法があるのか、以下に方法をまとめてみました。

自分でできるコウモリ駆除・対策方法


  • コウモリ忌避剤(きひざい)スプレー
  • 蚊取り線香
  • 超音波
  • 磁石

その他、コウモリは光に対して敏感で、ライトを使ったり、光を反射させる為にアルミホイルを使ったり。といった方法もありました。
(コウモリが光に慣れてしまって「効果は薄かった」という声が正直多かったですが・・)

自分でやるとしたらコウモリ忌避剤スプレーや蚊取り線香、超音波などを使ってコウモリを追い出し、その後、再び戻ってこないように侵入口を塞ぐ、といった流れで試されている方は多いですね。

これから詳しくみていきますが、ただ、先に言っておきますと「自分でやれることはない」と思った方がいいです。

自分でやろうと考えている人は多いですが、根本的な解決にはなりづらい事。あーでもないこーでもない、と試して時間だけ過ぎていくことにもなり得るので、業者にお願いする方が確実です。

それを知った上で以下読み進めていってみてください。

コウモリ忌避剤(きひざい)スプレー 


手軽にできる方法がこちらのコウモリ忌避剤スプレー

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スーパーコウモリジェット 420ml[コウモリ忌避剤]
価格:925円(税込、送料別) (2017/8/14時点)



コウモリが嫌う臭い「ハッカ」を使用したスプレーで、外部からのコウモリの侵入を防いでくれます。

試してみた人の声

  • 効果アリ!噴霧するとコウモリが何匹も出てきた。
  • 効き目はあったがしばらくすると相変わらずコウモリが寄ってくる
  • あまり効果はなく、今も住み着いている。侵入口を防ぐしかないかも
  • かなり臭いがあるので、やる時はマスク着用がおすすめ

効果があったといった声は多かったですが、あくまで一時的な効果のようですね。しばらくすると効果がなくなり、また寄ってくるみたい。コウモリを寄せ付けない為には継続的に使う必要があるようです。

蚊取り線香


煙を嫌う習性があるので、蚊取り線香や燻煙材(くんえんざい)なども効果が期待できます。

ただし、蚊取り線香だけではコウモリは駆除できません。これは煙がある時だけ逃げる一時的な方法で、煙が消えれば、再び戻ってきます。
蚊取り線香を使ってコウモリを追い出した後は、侵入口を塞ぐなどすぐに対策をしなければいけません。

試してみた人の声

  • 一日中蚊取り線香をつけておくのも大変だった
  • 大量にやってみたが全く効果がなかった
  • 多少、効果はあったかもしれないがまた戻ってきた

効果があった!という声は残念ながら見つけられず。調べてみると、蚊取り線香だけで駆除しようとしたら駄目だった、という人が多いような印象もありました。

超音波


コウモリはほとんど目が見えず、自ら超音波を出して自分の位置や障害物などを把握しています。

そんなコウモリを追い出すのに効果的なのが超音波で、超音波を発生させてコウモリを追い払う機械も販売されています。

高いんだろうな〜と思いましたが、2,000円台からと意外に手頃な値段で販売されていました。

害虫駆除機 超音波虫除け器は360度、省エネ多機能 蚊、ネズミ、アリ、クモ、ゴキブリ、 コウモリに有効です

また、磁石もコウモリの超音波を乱し、超音波と同様の効果が期待できるようです。

コウモリを追い出したい場所に置いておくことで、効果はあったという声はあったので試してみる価値はありそうです。

侵入経路を塞ぐ


コウモリを追い出すことができたら、再び侵入されない為に侵入経路を塞ぐ作業を行います。

具体的な対策方法

◇屋根裏
破損があれば補修をする

◇シャッター
頻繁に開閉する

◇外壁
侵入防止用パテで隙間を埋める

◇通風口
亀甲金網(きっこうかなあみ)を張って侵入を防ぐ


こちらの動画でも詳しく対策方法が紹介されていましたのであわせてどうぞ。具体的にどういう流れになるのかを知る参考になるかと思います。



ただ、コウモリは1cmほどの隙間があれば侵入してくるので、徹底的に行わなければいけません。

侵入口を完全に塞いだとしても、中にまだコウモリがいた場合は外に出られなくなります。たとえ中で死んだとしても、死骸が中で放置され続けることになります。

その場合、衛生上心配ですし、そもそもこれら「完全に追い出せた」と素人で判断するのは難しそうな気も・・・。



一番最適な方法はコウモリ駆除専門業者に依頼すること


コウモリは一度住むところを決めると駆除しない限りずっと住み続けるそうです。放置しておくと、どんどん増え続けることに・・・



こうなったらもう自分でどうこうできる気がしません。

自分でできる対策方法もいくつかありましたが、経験がないと危険が伴います。(高いところで作業するなど)

やはり最終的には、専門の方にお願いした方が一番良さそうですね。

業者に頼むといくらかかる?


相場としては大体3万前後といった情報もありましたが、被害状況や駆除業者によっても金額は異なってきます。

駆除業者のHPをみて2~3万前後で大きく書かれていたので、「それ位でできるのかな」と思っていましたが違いましたね。これは通気ダクトなど1ヶ所などの値段だそう。

実際に問い合わせてみたところ、被害状況によっては数万〜数十万かかる事もあるとのことでした。

もしも一軒家だと、足場を設置する必要もあり大規模な工事になります。これだけで数十万かかります。

一度業者に被害状況を見てもらわないことにははっきりとした金額はわかりませんが、数万で済むとは思わない方がいいかもしれません。

信頼できる駆除業者を選ぶには


駆除業者を調べてみると、いくつかヒットしてきました。

ただ、正直どこがわからないのですぐには決めかねますね。

比較していくと駆除業者によっては金額も違いますし

  • 追加料金が0円
  • 追い出した後も保証期間を設けているかどうか
等、業者によってサービス内容に細かな違いがありました。

駆除後にコウモリがまだ戻ってきて、業者に依頼したら追加料金が発生して・・・なんて心配もありますし、口コミなどもチェックしてその業者が本当に信頼できるかどうかしっかり確認する必要がありそうです。

まとめ



家を住処とするのはアブラコウモリ

コウモリは鳥獣保護法によって守られている生き物。殺傷、捕獲、飼育などはしてはいけない

対策はコウモリを家から追い出して、侵入口を塞ぐ

自分でできる対策はコウモリ忌避剤スプレー、蚊取り線香、超音波、磁石など

コウモリが家に棲みついたら、根気強く対策する必要がある

一番最適な方法はコウモリ駆除業者に依頼すること


調べてみると、皆さんコウモリ駆除にはかなり苦戦しているようで、中には数年がけでコウモリと戦っている人も・・・。

自分で駆除する場合、「これならどうだ!」と1つ1つ方法を試すことになるでしょうし、継続的に対策を続けなければ効果が薄いようなので、かなり根気が必要そうだなと感じました。

お金はかかりますが、コウモリ駆除業者に依頼する方法が一番確実かなと思います。

自分でやろうと考えている方は、駆除業者という選択肢も検討してみることをおすすめします。

Sponsored Link


Return Top